社員インタビュー|細見 律子

2006年入社
エンタープライズソリューション部(健診システムユニット)

細見画像

現在担当している業務について教えてください。

細見画像

健診システムの導入時に、マスターテーブルの整備や検査結果の数値を判定させる「自動判定機能」の整備などを主に担当しています。健康診断という性質上、各種マスターの設定も緻密な構造となっており厳格な運用が求められます。移行に際しては、新旧マスターのスムーズな乗せ換えに細心の注意を払う必要がある仕事です。

お客様がどういう機能を求めていて、何を実現されたいのか。ニーズをしっかりと伺って把握・理解することが重要なので、円滑なコミュニケーションを心がけています。

今の仕事のどのようなところに「やりがい」を感じますか?

プロジェクトの進行と共に、お客様との信頼関係が高まっていくことに「やりがい」を感じます。最初は点在していた情報をカテゴリーごとに整理し、最終的に問題なくシステム導入へとつなげられた時に大きな達成感を感じます。

また、経験上、健診システムは女性が利用される機会が多く、システムの入れ替え時には不安を覚える方も少なくありません。そのため、「便利になった」、「サポートしてもらえて助かった」という声を聞くと、安心すると同時に喜びを感じます。

入社を決めた理由を教えてください。

 学生時代の専攻は研究職でした。進学して研究職に進むのも良いけれども、何か異なる分野で専門的なスキルを身に付けながらできる仕事はないかと考えるようになりました。そのため、システム開発に強みを持っているサン・プラニング・システムズへの入社を決めました。

サン・プラニング・システムズの強みとは?

良いと思ったことや気付いたことは積極的に発言することが歓迎されます。目的に合っていれば、年齢やキャリアは関係ないという社風が根付いており、特定の分野や過去の経験に固執・依存していないということが強みになっていると思います。

休日のリフレッシュ法を教えてください。

自然や動物、アートに触れることでリフレッシュしています。自身で絵を描いたり、美術館に出かけて絵画を鑑賞したりすることも多く、また、家族と一緒に野鳥の写真を撮影しに出かけたり、自宅でペットとのふれあったりする時間も大切にしています。