社員インタビュー|山中 崇義

2016年入社
BPM推進部

社員インタビューメインの山中の画像です。

現在担当している業務について教えてください。

iGrafxの資料を手に持つ山中の写真

お客様企業の業務の可視化・標準化の支援をするコンサルティングを担当しております。業務の詳細をヒアリングした後、ITツール「iGrafx」を使用して、フローチャートやマニュアル作成の支援を行うという内容です。案件によっては、お客様先へ一定期間訪問することや、私自身がマニュアルを作成する時もあります。尚、お客様は全国各地におられますので、私も関東圏に限らず中部地方を含む複数のお客様を担当させて頂いております。また、iGrafx、SOX+、BPR+といった自社製品の操作説明の講習会も行っております。

今の仕事のどのようなところに「やりがい」を感じますか?

入社後の比較的早い段階からお客様を担当させて頂けることだと思います。また、一定の範囲においては、裁量権も与えてもらえますので、社内外から頼りにされていると実感出来ます。そのような環境ですから、お客様のビジネスやその背景、業務について正確に理解することが大切です。お客様視点に立って業務理解に努め、お客様から「その通りですね」とお褒めの言葉を頂けると、やはり自信ややりがいにつながります。

入社を決めた理由を教えてください。

「IT企業ですが、研修制度が充実しているので文系出身者でも大丈夫です。」という説明を聞いて安心したのを記憶しています。元々はSE職の応募でしたが、BPM(ビジネスプロセス・マネジメント)の分野で実績があることを知り、お客様の業務標準化を支援するというビジネスに目新しさを感じました。コンサルティングという職種で、様々な業種の企業とやりとり出来ることに期待が膨らんだことが入社を決めた理由です。

サン・プラニング・システムズの強みとは?

BPM部門では、様々な業種のお客様と接する機会がありますが、それぞれに対し、幅広い対応力があることだと自負しています。また、当社全体では、例えば健診システムの開発・運用においてシェアが高いことや、プライムベンダーとして、お客様に対して上流工程から関わりが持て、最適なソリューションを提供出来る所だと思います。

休日のリフレッシュ法を教えてください。

小学生の時に習っていたサッカークラブのコーチを学生時代から続けていて、週末は子どもたちと一緒に汗を流しています。大会出場に向けて練習メニューを考えるなど、自分から積極的に働きかけるようにしています。そして、やはり子どもたちの成長していく姿を見られることが楽しみですね。また、保護者の皆さんとのやりとりを通じて、地元との交流を続けられることがうれしいです。

就職活動生への応援メッセージをお願いします。

就職活動は、いろいろな業界を見たり知ったりする良い機会だと思いますので、視野を狭めず業界や企業研究をされると良いと思います。仕事柄、様々な業種のお客様とお話するようになりましたが、私自身、学生時代に訪問したことのある、例えば金融業界などは最初の導入がスムーズだったりします。就職活動での経験は後の社会人生活でもきっと活きてくるではないでしょうか。