社員インタビュー|日吉 達哉

2012年入社
エンタープライズソリューション部(ERPユニット)

社員インタビューメインの日吉の画像です。

現在担当している業務について教えてください。

インタビューに答える日吉の写真

流通小売業様向け基幹システムの開発を担当しています。各店の売上情報を基に今後の販売予測を行い、それに見合う数量の発注を行うよう指示するシステムなど、複数店舗での商品発注や売上管理をはじめ、従業員の勤怠管理や経理、財務に関連する業務など、多岐に渡るシステムとなっています。

今の仕事のどのようなところに「やりがい」を感じますか?

単に社内でシステム開発するだけでなく、お客様と主体的に信頼関係を築きながら、より良いシステムを作り、提供できることに「やりがい」を感じています。お客様からダイレクトに伝わってくる反応や評価が、自分自身の大きなモチベーションにつながっています。

入社を決めた理由を教えてください。

プログラミングなどの経験はなかったのですが、「具体的な技術を身に付けたい」、「自身で納得できるモノを提供したい」という思いもあり、IT業界を中心に就職活動を展開していました。社員を大切にする文化や制度がある会社だと感じたので、ぜひ、この会社で新しいことに挑戦したいと考え、入社を決めました。

サン・プラニング・システムズの強みとは?

対応できる業務の幅広さが当社の強みになっていると思います。大規模なシステムの開発になると、部署や企業で担当が細分化される傾向にあるのですが、当社の場合、一連のシステム開発工程(営業提案、要件定義、開発、保守運用)をトータルで提供できるので、正確なシステムをスピーディーに提供できます。一人ひとりが多様な業務に携わる必要があり、その分、幅広い経験や知識を持ったメンバーが揃っているのも強みだと思います。

休日のリフレッシュ法を教えてください。

非日常を「体感する」ことをモットーに、週末はスキューバダイビングや写真撮影を楽しんでいます。旅行も好きなので、年に一度は海外で大自然を体感するようにしており、入社してからはガラパゴス諸島やアフリカ南部4か国などへ行ってきました。